So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

エアレースを見よう! [その他スポーツマンシップ溢れるイケメン]

リネンにとってエアレースとは、
ヒマなら見る、他に見たい番組がなければ見る、
その程度だったハズでした。
航空ファンというワケではない。
モータースポーツのことも全く分からない。


でも、室屋義秀さんがカッコイイってことは分かる。
見れば分かる!!


アメリカで行われるシーズン最終戦の生中継が見たくて、
翌日フツーに出勤であるにも関わらず、
ウトウトしながらもほぼ徹夜して、
室屋さん初優勝の瞬間を視聴するに至る程度には、分かるっ!

だって、
飛行機乗りはカッコイイものと、
古来より決まっているんだもの。
キーワードは、
「男のコ感」と「カッコイイおじさま感」の一挙両得!です。


プロ野球選手とかJリーガーとかに比べると、
エアレースのパイロットは、なべて年齢が高めです。
航空に従事するだけあって、精神的にも落ち着いて見えるし、理知的に見える。

そんな落ち着いたオトナたちが、
超はやい飛行機に乗ってイチバンになる!!
・・・という、小学生でも分かるシンプルな名誉を目指して、
本気を出しているのです。
パイロットだけじゃなく、メカニックもスタッフも、
果ては実況と解説まで、室屋さん初優勝に感激して泣き出すほどの熱血ぶり!


パイロットがお互いを強くリスペクトしてるふうなのも、
見ていて大変に萌え萌えしいです。
競技の上では敵だけど、同じスポーツを振興する仲間でもある、
強敵と書いて「とも」と読む、という感じ。
ジャンプの主人公にも引けを取りません。

ガンダムに憧れて「カッコいいパイロットになりたい!」という一心で、
この世界に飛び込んだ我らが室屋さんは、
ひいき目ではあるでしょうが、特に主人公属性が高い。
父親が自家用飛行機を持ってたとか、空軍上がりだとか、
そういった経歴を持つ諸外国のパイロットたちに、
堂々と肩を並べる、サムライパイロット。
ジャンプならむしろベタすぎてボツが出るレベルの、
主人公属性じゃあありませんか!


競技性としても、スピーディーでドキドキハラハラで、
リネンは真夜中にテレビに向かって声出しましたわね。
意外?にも事故はほとんど無いのだそうですが、
オーバーGにならずに垂直ターンが決まるか?!・・・を見守る、
あの、呼吸を忘れるような緊張の瞬間は、
フィギュアスケートで4回転ジャンプを見守るときによく似ています。


やっぱ飛行機繋がりで、『紅の豚』感があると思うんですよね。

カッコイイパイロットが、
カッコイイ飛行機に乗って、
雲を引きながら、名誉をかけて空中を舞う。
観客は、地上や海上から空を見上げて、
その戦いに喝采を送る。

どうですか?
男の誇りを翼に乗せる、エアレース。
テレビ観戦でもして、
まるでコドモみたいなパイロットたちの一喜一憂を眺めつつ、
「飛行機乗りって本当に莫迦なんだから(ニッコリ)」とか何とか呟いて、
お手軽にジーナさん気分を愉しんでみませんか?



【室屋さん初優勝の瞬間を、もう一度見るにはこちら!】
エアレース世界選手権2017
第8戦inインディアナポリス
11月5日(日)午後10時~ BS1


nice!(0)  コメント(0) 
前の1件 | -