So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

『積みすぎた箱舟』読んだ [本のイケメン もしくはイケメンの本]

古来より「敵の敵は味方」と申しますが、
リネンに言わせれば「好きの好きは好き」です。
生物ライター・平坂寛のファンとあらば、
彼が「子どもの頃のバイブルだった」という、ジェラルド・ダレルの『積みすぎた箱舟』、
読んでみないワケにはまいりますまい。

overloaded_ark

本を開いてわずか3分。
主人公である著者が、初めてアフリカ大陸に渡る、冒頭の場面。

「船は朝霧を、そのへさきで押し分けながら進んでいた」
「海面は、まるでミルクのように、とろりとして静かだった」
「太陽の円光が、霧をすかして、濡れたようにぼうっと見えている」ーー

なにこれ。
超ウツクシイ。
ほぼ、ファイナルファンタジーのオープニングじゃん!!

リネンは、1ページで早くも理解したのです。
どうして平坂さんの書く文章が、あんなに生き生きとして面白いのか。
この本がお手本なんだから、そりゃそのハズだよ!


物語の舞台は、1947年。
イギリスの動物園で飼育したり研究したりするため、
動物を捕まえに、アフリカに行く話です。

会話文の一人称が何故か「わし」なので、
おじいさん感(もしくは広島県人感)が出ていますが、
25年生まれのダレルはこのとき、え~っと・・・
・・・22歳?!

生き物が好きすぎるおにーさんが、
異国の地で、
現地の人にドン引きされながらヘビを生け捕ったり、
輪っかにしたロープを手に、オオトカゲ相手に大捕物を繰り広げたり、
ジャングルを強行してアリやハチに刺されまくったりする、冒険記。

・・・ん。なんかすごい既視感あんぞ。


終盤に進むにつれ、なにか「憂い」みたいなものが漂いはじめる筆致にも注目です。
しかも、その憂いが濃くなるほどに、
いよいよキレを増す、情景描写の美しさ!

赤い土。
複雑な緑の密林。
湖に浮かぶ島と、そこにある集落・・・

気の抜けないハードな日々だったけど。
自然も天候も厳しかったけど。
現地の人とのコミュニケーションに、苦労もさせられたけど。
だけど、
それもこれも含めて、

アフリカが、アフリカの生き物が、どれだけ好きか。

読者も一緒になって、
「えーもう終わり?」「もう帰らなきゃいけないの?」
という感傷に陥ります。
夏休みの終わりに、ヒグラシの声を聞いたような気分。


アフリカに対するジェラルド青年の「夏の恋」を、
応援したくなること必至です。


古い本なので、現代の基準だと速攻で言葉狩られそーなワードが連発されてます。
・・・が! 個人的にはそこが、時代の息吹を感じられてイイ!
思うに、元の内容はもちろんだけど、翻訳がコレ名訳なんじゃないかな・・・
確認のため英語で読んでみたいな(読める気はしない)


nice!(1)  コメント(0) 
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。