So-net無料ブログ作成

去年の夏の、ハマの思い出 [球場のイケメン]

昨年(2015年)の夏、すごいもんを見ました。


横浜スタジアムの横浜vs巨人戦。
ペナントレース前半最後の試合。
他球場では阪神が劣勢なので、このままなら勝ったほうが首位という状況。
同点で9回に入ろうというところで、
場内にゾンビネーションがかかった瞬間、人々は総立ちになりました。

想像してもみて下さい。
妖しくも軽快な音楽に合わせて熱狂的な雄叫びをあげる、3万人近くの人々。
その人々が360度を取り囲む中、中央の小さな盛り土の上に、
あどけなさの残るハタチ過ぎの青年が立たされているのです。

野球を知らない異星の学者さんが見たら、
100パーセント、生け贄の儀式か何かだと断定することでしょう。
しかし、一見生け贄と思しきこの童顔の青年こそが、
ベイスターズファンの召喚した「魔神」なのです。

160409_1713~01.jpg
(ホントに光の中から召喚されたみたいな選手カード)

佐々木主浩の再来とも言われる、小魔神・山崎康晃が、
当然のように無失点で敵を押さえました。
9回ウラ、ベイスターズの攻撃。

風雲急を告げるにわか雨。
2アウト満塁。
ロペスの放った打球が、敵の内野手の横を抜く、
その水しぶきさえ、外野席から見えた・・・ような気がしました。
ヒーローインタビューを待つ観客からは、万雷のヤスアキコール、そしてロペスコール。
いつのまにか、雨は上がっていました。


今思い出しても、なにもかもがまるで映画のような試合でした。
リネンは確信したものです。
ベイスターズの中に、『魔法陣グルグル』で言うところの「光の者」、
すなわちものすごい主人公体質のヤツがいる!・・・と。
ヤマヤスかも知れないし、別の選手かも知れません。
このあと結局6位で終わったことさえ、
自信をなくすことはない、むしろ主人公っぽい、とさえ思うのです。

リネンはホークスファンですから、ホークスの連覇を望んではいますが、
ベイスターズが日本シリーズに勝ち上がってきたら、
「邪惡帝國」のホークスは、主人公に負けてしまうかも知れない・・・(((( ;゚Д゚)))

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。