So-net無料ブログ作成

平坂寛のために私はあの日炎天下の東京に繰り出した [好き好き デイリーポータルZ!]


【アイドルファンの人がサイン会や握手会に足を運ぶ気持ちが分かったような気がする】

数年来のリネンの推しメン(推してるメンズ)、生物ライターの平坂さん。
新刊が発売されただけでも嬉しいのに、イベント開催!
その名も『釣れ!食え!平坂寛 真昼の怪魚ナイト』
昼なのかナイトなのか・・・とりあえず勇んで行って参りました。
キャー平坂さーん写真ブログにあげてもいーい?

平坂さん「ダメな理由がないッ!」(男前な口調で)

そんじゃま、遠慮なく。
kaigyo-night_2

わーい。
kaigyo-night_3

「応援してますがんばってくださいっ」みたいな感じで、
握手してもらうじゃないですかぁ!(*≧д≦)
もうすっごい優しい手をしてらっさるんですよお!!(((*≧д≦)))
ああ、そうか・・・この手で、この両手で、
巨大な川魚の皮を貫き手で剥いだり
オオゲジを這わせたり
香港のドブにいるナマズをつかみ取ったりしてきたんですね・・・

えっと・・・その・・・感激です!!


【心なしか、サバト化するイベント会場】

今回の会場である「東京カルチャーカルチャー」は、
飲み屋さん付きのイベントスペース、といった感じのところ。
美味しいものを飲み食いしながら、演者の話を楽しみます。

以前に平坂さんのことを書いたとき、
http://ikemen-sijousyugi.blog.so-net.ne.jp/2015-11-21
「知り合いの兄ちゃんに、ゴハン食べながら、オモシロ話を聞かしてもらうような感じ」
・・・が好きだと申し上げたのですが、
ある意味で今回、その夢が叶ったようなもんです。
うーん美味しい、アップルビネガースカッシュ。

kaigyo-night_1

ま・・・壇上では平坂さんが、
伝説の「バラムツを食べたら尻から油が!」エピソードについて、
これまで以上に微に入り細に入り語っておいでなんですけどね!
大きなスクリーンには、
さばきたてクラリアスのグロテスクに赤い身とか、
どこがとは言わんがどことなく卑猥なヌタウナギの口とか、
切り開かれたデンキウナギの頭部とか腹部とか、
バンバン映りまくってるんですけどね!

司会の人「・・・皆さん、食事されてるんですけど」
平坂さん「そこは覚悟しといてもらわないと」(断言)

注文したカラ揚げが本当に鶏肉なのか、
疑心暗鬼に陥るお客もいたとかいないとか。


【philosophia~知を、愛する~】

芸人さんと連れだって、
異国のヘンな生き物相手に、
どったんばったん大騒ぎ!

そんな平坂さんのご活躍を、
自宅のテレビでお手軽に見られるのは、
ファンとしては有り難い限りでございます。

・・・がっ。
リネンの本命は、あくまで、
平坂さんの語る言葉であり、平坂さんの書く文章なんですよねー!

yabaiki_1
『喰ったらヤバいいきもの』主婦と生活社

平坂さんの生き物レポートには、知性の匂いがします。
「今まで知らなかったことを、初めて知る」という、
みずみずしい喜びの匂いです。

オオカミウオのほっぺは、どうしてチキンっぽいのか。
デンキウナギのしっぽは、どんなふうになってるのか。
あの虫やこの虫に刺されたら、実際どうなるのか。
食用魚がそこいらの都会の川で育ったら、どんな味になるのか・・・

そうなんだ! 知らなかった! と驚く喜びを、
読者にもたらしてくれる。
なんでこうなの? どうしてそうなったの? と考えながら生き物を見る楽しさを、
あなたが私に教えてくれる。


リネンは、平坂さんの知性が好き。
なんのためにじゃなくて、「生き物のことを知りたいから知る」という、
哲学者然とした知性が好きなのです。

一度、この人の言葉に触れてしまったら。
体当たりの知性から紡ぎ出される、愛情のちりばめられた彼の言葉を、
一度、好きだと思ってしまったら。

もう、バラエティ番組のオモシロ映像だけじゃ、
満足できないんだよねぇ!


文筆家にしてハンター!
科学者にして冒険家にして、哲学者!

おいおい、シラノか!
ブサメン設定を解除したシラノ・ド・ベルジュラックか!!

我々読者は、ロクサーヌの大群となって、
平坂さんの文章を心待ちにしています。






【追伸】

本の帯をはずしたところに、フナクイムシの写真を配置した人。
怒らないから正直に名乗り出なさい。

yabaiki_2



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0