So-net無料ブログ作成
検索選択
街角のイケメン ブログトップ
前の5件 | -

心のオアシス・通勤電車のイケメン [街角のイケメン]

おはようございます。

この電車を逃したら遅刻、という「朝の最終電車」が皆さんにもおありかと存じますが、
リネンが朝の最終電車に乗ると、
いつも必ず乗り合わせるイケメンがいます。

まるで、落ちるギリギリの場所にある1UPキノコのようですね。
毎朝ギリギリで通勤したいものでございます。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

執事喫茶デビューしたった!!(前編) [街角のイケメン]

池袋にある「執事喫茶スワロウテイル」…


友人に誘われて最初に思ったのは、やっぱ正直、
「アヤシイ店だったらどうしよう?」という疑念です。
途中のサンシャイン通りなんて、それなりにアダルティーな客引きも多いゾーンだし…
結論を言えば、杞憂なんですけどね!


テンションとしては、TDLでカリブの海賊のとこにある、
ブルーバイユー・レストランに通じるものがあります。
たとえそこが千葉県であろうが、真昼の12時であろうが、
ブルーバイユーに入って、ウェイトレスに「こんばんわ!」と言われたら、
そこは、誰が何と言おうと、ニューオーリンズの初夏の夕べなのです。

それと一緒で、
執事に「お嬢様」と言われたら、私はお嬢様なのであります。
「おかえりなさいませ」と言われたら、そこは屋敷なのであります。


どこにでもあるフツーのコンビニの、煌々とした灯りの陰に、
「あら、オサレな雑貨屋さんでもあるのかしら」といった風情の、瀟洒な下り階段。
屋敷は、ロココ調とゆーかヴィクトリア風とゆーかモダンな洋館とゆーか、
なんかそれ系の内装です。

帰宅の際の服装は自由、ということですが、
ロリータファッションとは言わずとも、ちょっとヒラッとした上品めな服で行ったほうが、
より雰囲気が楽しめそうであります。


「お嬢様は、初めてのご帰宅でいらっしゃいますか?」


初めてのご帰宅ってwww
どんだけ鉄砲玉なお嬢様だよwww

いや、待てよ。
アメリカで普通の少年として暮らしていたのに、
ある日、伯爵家の跡取りとして突然イギリスのおじいさまに呼ばれた、
小公子セドリックのよーなシチュエーションなのかも知れぬ。

うおーそうだったのかー、私は小公子だったのか。
死んだ私の父は、実は英国貴族だったのか!
(※違いますし、生きてます)


完全予約制なので、遅刻は厳禁だけど、列に並ぶ必要もありません。
表でしばし待たされたのち、扉の中に案内された我々を迎えてくれたのは、
片眼鏡をかけた、壮年の“執事”でありました…!!


つづく。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フランス人の侠気 [街角のイケメン]

フランス人。

…というと、映画やマンガなんかでは、
気取り屋の軟弱者という役どころで出てくることが多いです。
「おフランス人」とか言ったりしますね。
おそ松くんのイヤミのせいだと思います。


さて、今回の東日本大震災では、
在日の諸外国人が、国もとから「帰ってこい!」と指示されることも多かったそうです。
向こうの政府とか企業の偉い人にしてみれば、自分とこの人間に対して責任というもんがあるわけですが、
東京は(ちょっと生活が不便になっただけで)、ぜんぜん大丈夫なのに…」
「そんな、シリに帆かけて逃げなくても…」
と感じた人も、いたとかいないとか。


東京で、いろんな外国人に日本語を教えている先生が言うには、
「なんと言っても逃げ足の早かったのはフランス人」だそうで、
フランス政府が飛行機をチャーターして脱出させたとか。

でもそのあと、まだ原発の電力も回復していない頃に、
「お見舞いに訪日したい」と言ってきたのは、
フランスのサルコジ大統領なんですよね。

そう考えるとフランス人は、
逃げ足がというより、そもそも決断と行動が早いのかも。
えっ、今はちょっと… というくらい早い打診だけど(笑)、
気持ちはちょっと嬉しいかも。


今年の3月に東京で開催するはずだった、フィギュアスケートの世界選手権。
結局中止になって、代わりにモスクワで4月開催になりました。

するとここでも、2012年の世界選手権を開催する予定のフランスが、
「来年の大会、日本に譲ってもいいよ」って言いだしたそうです。
フランスはまた、2013年以降の開催を目指すから、と。
うーむ。地震から半月も経たないうちに、やっぱり決断が早い。
そして情に厚い。


個人主義の国フランスの人は、
都会派の気取り屋みたいに見せておいて、
ここぞというときの行動が、思いのほかオットコ前な気がします。
そういえばフランスでは、勇ましい英雄の物語が好まれてるような。
三銃士!
シラノ・ド・ベルジュラック!
ジャンヌ・ダルク!
オスカル・フランソワ!(←これは日本の漫画)

ちゃきちゃきのパリジャンも、
バンカラなガスコンも、
なんとなったら、
可愛らしいマドモアゼルや、美しいマダームも(笑)、
みんな、オットコ前DNAを持っているのかも知れません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クッキー屋のカワイイ店員さん [街角のイケメン]

川崎にある、某クッキー専門店に参りましたところ、
色白で目が丸くて柔和そうな...要するにリネン好みのイケメン店員に、出会いました。
甘いお菓子を求めに行って、甘いマスクに出会えるとは。人生は美しい。

新入りのバイト君か、あるいは新入社員か、
まだ不慣れで要領の悪いところもありましたが、全ッッ然! かまいませんッッ!!
むしろ、その一生懸命さに1票!
最後に、カウンターの前まで出てきて商品を手渡してもらえて、嬉しかったです。
この店はそーゆーマニュアルなんだ、って知ってるけど、
若くてかわいい男の子に丁寧に接せられて、ぶっちゃけ嬉しかったです。


リネンはどうも、スイーツ好きのイケメンにグッとくるようです。
くだんのクッキー屋さんも、バイトであれ社員であれこの店を選んだわけですから、
それなりにお菓子は好きなんだろう、と仮定できます。

実は甘いもの好き! ...という男性は、やっぱりカワイイんです。
それに、甘くて優しいお菓子を食べながら、サツバツとしたことを考えるのは難しいもの。
甘いものが好きな人に、悪い人はいない(と信じたい)! ...ということで、
甘党の男性はなんとなく「いい人そう」と思っちゃいます。


甘党男子のみなさん! 堂々と、公表しましょう!!
“スイーツ親方”芝田山のように、「男が甘党で何が悪い!」と言い切るか、
ちょっとはにかんで、「おれ実は、甘党なんだよね...」と言うかは、
各々のキャラに応じて使い分けましょう。

好感度あがりこそすれ、
はっきり言って、「男のくせに!」なんていう女性は、そうそういませんよ。
あなたに手作りスイーツをプレゼントしたい...と企んでいる女の子に、
口実を与えてあげてくださいな!(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

左手のリング。 [街角のイケメン]

幸せ太り。 ...というのは、イケメンの大敵です。
なんせ原因が「幸せ」なだけに、あんまり痩せろ痩せろとも言えないし。
でも、イケメンは社会全体の財産です。結婚してようとなんだろうと、美しい男性には、世の女性たちに対する責務ってぇモンがあるのではないでしょうか。
結婚後も他の女と付き合ってやれ、というんじゃーありません(念のため)。ただ、イケメンに生まれたからには所帯を持つにも美しくあって欲しい、そうしてこの世の中に彩りを添えて欲しい、と。
安定した幸福をいいことに気を緩め、怠惰な体型へと安易に変貌してしまうのは、公共の福祉に反する行為ではありませんか。
...と、リネンは今まで考えてたんですよ、ぶっちゃけ。 しかし、です。

やや丸みを帯びた男性の大きな手に、銀色のシンプルなマリッジリングがはまっている...というのは、想像以上に映えるのです。
オシャレで身に着けるシルバーリングなどは、ワカマツカオリさんのイラストのような、指が細めで少しゴツゴツした手に合うのですが、マリッジリングはその限りではない。
何と言いましょうか。この先何十年か経ってこの人がオジサマになって、もっともっと貫禄がついてきても、あの指輪はそこにあるんだろうなぁ...と想像すると、とてもしっくりくるんですね。
同世代であっても、何だかすっごく、大人びた手であるように感じられるのです。

結婚3年目・一人の子持ちの知人を前にして、そんなことを考えさせられました。
人生、日々是発見です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 街角のイケメン ブログトップ