So-net無料ブログ作成
本のイケメン もしくはイケメンの本 ブログトップ
前の5件 | -

『積みすぎた箱舟』読んだ [本のイケメン もしくはイケメンの本]

古来より「敵の敵は味方」と申しますが、
リネンに言わせれば「好きの好きは好き」です。
生物ライター・平坂寛のファンとあらば、
彼が「子どもの頃のバイブルだった」という、ジェラルド・ダレルの『積みすぎた箱舟』、
読んでみないワケにはまいりますまい。

overloaded_ark

本を開いてわずか3分。
主人公である著者が、初めてアフリカ大陸に渡る、冒頭の場面。

「船は朝霧を、そのへさきで押し分けながら進んでいた」
「海面は、まるでミルクのように、とろりとして静かだった」
「太陽の円光が、霧をすかして、濡れたようにぼうっと見えている」ーー

なにこれ。
超ウツクシイ。
ほぼ、ファイナルファンタジーのオープニングじゃん!!

リネンは、1ページで早くも理解したのです。
どうして平坂さんの書く文章が、あんなに生き生きとして面白いのか。
この本がお手本なんだから、そりゃそのハズだよ!


物語の舞台は、1947年。
イギリスの動物園で飼育したり研究したりするため、
動物を捕まえに、アフリカに行く話です。

会話文の一人称が何故か「わし」なので、
おじいさん感(もしくは広島県人感)が出ていますが、
25年生まれのダレルはこのとき、え~っと・・・
・・・22歳?!

生き物が好きすぎるおにーさんが、
異国の地で、
現地の人にドン引きされながらヘビを生け捕ったり、
輪っかにしたロープを手に、オオトカゲ相手に大捕物を繰り広げたり、
ジャングルを強行してアリやハチに刺されまくったりする、冒険記。

・・・ん。なんかすごい既視感あんぞ。


終盤に進むにつれ、なにか「憂い」みたいなものが漂いはじめる筆致にも注目です。
しかも、その憂いが濃くなるほどに、
いよいよキレを増す、情景描写の美しさ!

赤い土。
複雑な緑の密林。
湖に浮かぶ島と、そこにある集落・・・

気の抜けないハードな日々だったけど。
自然も天候も厳しかったけど。
現地の人とのコミュニケーションに、苦労もさせられたけど。
だけど、
それもこれも含めて、

アフリカが、アフリカの生き物が、どれだけ好きか。

読者も一緒になって、
「えーもう終わり?」「もう帰らなきゃいけないの?」
という感傷に陥ります。
夏休みの終わりに、ヒグラシの声を聞いたような気分。


アフリカに対するジェラルド青年の「夏の恋」を、
応援したくなること必至です。


古い本なので、現代の基準だと速攻で言葉狩られそーなワードが連発されてます。
・・・が! 個人的にはそこが、時代の息吹を感じられてイイ!
思うに、元の内容はもちろんだけど、翻訳がコレ名訳なんじゃないかな・・・
確認のため英語で読んでみたいな(読める気はしない)


nice!(1)  コメント(0) 

平坂寛のために、私は発売日の前から新刊の取り置きを書店に頼んでいた [本のイケメン もしくはイケメンの本]

そしたら発売日が10日ほど延期になりました。
じ 焦らしやがる・・・!


ところで、1冊目が出たときの記事を読み返してみたんだけど、
http://ikemen-sijousyugi.blog.so-net.ne.jp/2014-10-04
なんかアレですね・・・イマイチ、本をオススメしてる感じがしない文章。
おかしいな。リネンは本当にウキウキであの本を買ったのに。
「せっかくの写真、カラーならもっとインパクト大なのになぁ」とだけ思った記憶があるので、
それがダダ漏れてしまったのかも知れません。

そんな読者のゼイタクが通じたかのようにっ!
新刊のカラー口絵は、前回のじつに4倍ッ
しかも、書き下ろしも加筆修正もふんだんに
なんてお買い得なの!

特に「白眉」「真骨頂」との呼び声高い、
バラムツを釣って食べたら尻から油が! の記事。
デイリーポータルに初出のときより大幅に加筆され、
お尻がハザードしてしまったときの様子が、
微に入り細に入り書かれます。
ま・・・それをリネンは、
甘い甘いドーナツと温か~いカフェ・ラッテを頂きながら、拝読したのですがね☆

151110_1851~01.jpg

だいたい、この表紙に載ってる、
整然と並ぶ七輪の写真がすでにおもしろい。

リネンが平坂さんを好きなポイントは、いろいろあります。
写真をぱらぱらと見てみても、
愛嬌がある顔で写ってることもあれば、精悍と言っていい男振りなこともあります。
理科離れ著しい文系のリネンからすれば、生物の話が新鮮で興味深いですし、
完全インドア派のリネンからすれば、活動内容がワイルドに見えて面白いです。

でも1番は、単純に、文章が好きなのです。
大上段に構えた専門家のお話ではなく、
知り合いの兄ちゃんに、ゴハン食べながら、オモシロ話を聞かしてもらうような感じで。

とっつきやすくて、丁寧で、
ド素人な読者にも優しくて、
(尻から油を漏らしてるにも関わらず)知性があって、
ユーモアがあって、
生き物に対する愛と敬意に溢れていて、

もう最高。
どれくらい最高かというと、
母に「ヘビは怖い!ヘビは無理!」と刷り込まれて育ったリネンが、
「ヘビの写真かわいい・・・ちょっと飼いたい・・・」
とか思う程度には最高なのです。
(注:ヘビは深海魚じゃないので新刊には載ってません)

平坂寛のために、私は書店を練り歩いた末にサービスカウンターまで出向いた [本のイケメン もしくはイケメンの本]

書店員さんの上品な声
「リネン様の携帯でしょうか?
お問い合わせ頂いた『外来魚のレシピ』が入荷いたしましたので・・・」
リネン
「・・・・・・」


自分で取り寄せを頼んでおいて「・・・」もないもんだけど、
改めて店員さんの口から聞くと、なかなかイロモノテイスト溢れる言葉です。

でもま、デイリーポータルZに載った記事の単行本なので、
「イロモノテイスト」は褒め言葉ですね。

141004_1657~010001.jpg

帯の「プレコ、おいしいかな?」がなんかかわいい。

そもそもデイリーポータルZは、タダで見れるサイトだし、
写真も全部カラーだし、
ぶっちゃけそっちの方がいいような気もするんだけど、
ファンとしてはやっぱり、単行本が出るなら、欲しいんですよ!
これで停電の夜にも平坂くんに会えるっ!

何より、書き下ろしが読みたいしね。
アフリカマイマイと、ウォーキングキャットフィッシュですって。
特にウォーキングキャットフィッシュは、
魚のくせに陸に上がって歩ける、というのがおもしろすぎるので、
別途、詳しい記事が読んでみたい。

リネンの買った1冊で、平坂くんに、少しは印税が入るかしら。


もっとも、本書はあくまで『外来魚のレシピ』なので、

「刺され芸」の名をほしいままにしたタガメの記事とか、
http://portal.nifty.com/kiji/110708145708_1.htm

「若者のお尻の穴」を連呼するホモホモしい記事とか、
http://portal.nifty.com/kiji/120713156421_1.htm

まるで漫画の中の美少女の如く蝶のリボンを髪にまとう記事とか、
http://portal.nifty.com/kiji/131209162610_1.htm

そーゆうのは、収録されてないんだけどね!
デイリーポータルZでタダで読めるからね!

逆境を笑え、と、オカダのはなし。 [本のイケメン もしくはイケメンの本]

140729_0050~010001.jpg

ムネリンの本を買いに行ったら、
岡田准一の本も買ってしまいました。


OK分かった許せムネリン君は後だオカダが先だ。


それはともかく、帰り道で、
「おや? この2人って、もしかして同級生では?」と気付きました。
気付きましたっつーか、確認したら同級生ではなかったんだけど、
オカダくんは1980年の11月に、ムネリンは1981年の6月に生まれたのでありました。

かたや、
1980年に大阪で生まれ、14歳で東京に出て、
女の子にキャーキャー言われつつ、今や実力派俳優となった男。

一方その頃、
1981年に鹿児島で生まれ、18歳で福岡に出て、
女の子にキャーキャー言われつつ、今やメジャーリーガーとなった男。

そんな2人の、プチ自伝的なエッセイを、
1979年生まれのリネンが、読み比べるというワケです。

2人がコドモだった頃、読者であるリネンもコドモでした。
2人が若造だった頃、読者であるリネンも若造でした。


何と言うか、うまく言えないんだけど、
「面白い買い物をしたなあ」という、満足な気分でおりますのです。

たぶん純文学『PALO ALTO』~フランコ祭2013・人の章~ [本のイケメン もしくはイケメンの本]

「日本人が英語なんか勉強して、何の役に立つのか」

外国語学習の壁にぶつかった中学生が、必ず一度は口にするセリフです。
現在の私から、中学時代の私へ、今ならハッキリ答えられる。


将来、好きなハリウッド俳優ができて、
その俳優が、なぜか短編小説集を出版していて、
しかもその短編小説集に、日本語訳が出ていなかった場合、
通販で原書を購入して、自分で読まなければいけないからだ!! …と。


Mr.フランコは数年前、俳優やりながら大学に通って、
英文学やら文芸やら勉強したと聞いています。
彼の著作、短編小説集『PALO ALTO』は、
なんというか、その卒業制作的な意味合いで書かれたのかな?
と、勝手に想像しております。

学生時代、文芸専修の学友たちから漂っていたのと似た空気が、
本書から感じられるものですから…


大衆文学に対して、純文学とは、
「超ざっくり言えば、暴力とセックスを題材にしたもの」だと聞いたことがあります。
だとしたら本書は、超ド級の純文学だと思います。
はじまりはこう。
――○○年前のハロウィーンの夜、ぼくは人を殺した――

短編集とは言っても、そんなにバラエティには富んでなくて、
素行の悪いティーンエイジャーが次から次へと登場し、「純文学」の限りを尽くします。
それも“ツッパってるけど根はピュアで寂しがり屋”みたいな、カラリとした不良じゃなくて、
いろいろとこじらせてる感じの、じっとりとした、ひんやりとした素行不良。
読んでてどんよりしてきます。

でもこのどんより感、懐かしいというか、見覚えがあるというか…

あっ、そうか。
『ソニー』とか『容疑者』とかを見たときのどんより感と似てるんだ。
20代前半の、痩せぎすで不健康なイメージだった頃の彼。
近頃は、ずいぶんマイルドな役も増えたものなぁ。


純粋に小説としては、アマゾンにてなかなかの低評価なんだけど(笑)、
俳優ジェームズ・フランコのファンという視点で、
「こーゆう散文を“書いてみる”ってことも、役作りの肥やしになるのかなぁ…」
とか、想像しながら読んでみるとまた、映画の見かたが変わるかもなと。

作中の小道具に『ゼルダの伝説』とか『ストリートファイターⅡ』とか出てくるんで、
ああ、この人やっぱりあたしと同世代なんだな~と、実感いたしましたですよ。
前の5件 | - 本のイケメン もしくはイケメンの本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。