So-net無料ブログ作成
陸上のイケメン ブログトップ
前の5件 | -

猪俣くん、カッコよかったよ! [陸上のイケメン]

箱根駅伝のハイライトは、なんといっても「山登りの5区」。
さんざん山道を登らせておいて、最後の最後でフッと下りになる。
ここで逆に足にキて、失速する選手多数。
過酷でサディスティックなコースです。

でも、だからこそ数々の英雄が生まれまくったのも事実。
順天堂の今井、早稲田の駒野、東洋の柏原、
いい面構えをした屈強メンズが、この5区を制してきました。
これだから、箱根駅伝ファンはやめられまへん。


さて、2011年。
「学生駅伝3冠」と「18年ぶりの箱根優勝」がかかる早稲田は、
この5区に、4年生の猪俣をエントリーしました。
髪サラサラな、細身のジャニーズ系。
ちょっとちょっと~! こんなヤサ男のイケメン君で、大丈夫なの?!

なんと言っても、敵は“山の怪物”柏原。
ぶっちゃけ、5区で彼に抜かれることは確定なんです。
問題は、そのあと何分差で2位につけるか。
素人ながらリネンが思うに、
1分以内だったら復路での逆転を望めるのではッ!!


・・・結果は、あのとおりです。
猪俣、柏原に抜かれたー! と思いきや、
その後も淡々と走り、淡々と粘り、みごと27秒差で往路ゴール!
大健闘、敢闘賞と言っていいですコレは!

翌日の復路では、6区で順調に逆転し、
大手町まで首位を明け渡すことなく、そのまま早稲田が優勝しました。
しかし最終的なタイムで、2位の東洋とは21秒差であったことを思うと、
5区猪俣の粘りがいっそう光ります。
だってリネンの想定した「1分」だったら、負けてたんだもんね。

もちろん、箱根駅伝は5区ばかりではないですけどね。
21秒。一人2.1秒。
一人につき2.1秒ずつ遅れてたら、優勝できなかった早稲田。
一人につき2.1秒ずつ粘れてたら、優勝できた東洋。
泣けるー。これだから、箱根駅伝ファンはやめられまへん。


猪俣くんは、高校時代に1日10時間勉強し、
一般入試で早稲田に入学したんだそうです。
競走部に入ってからもコツコツ練習を積み、
4年生ではじめて箱根にエントリー(しかも5区!!)。
でも卒業後は競技を退き、三菱商事に就職するとか。
総合すると、


勉強ができて足の早い、一流企業のイケメン商社マン!!

[黒ハート][黒ハート]なんなの、あんたーーー!!(笑)[黒ハート][黒ハート][黒ハート]


これだから、箱根駅伝ファンはやめられまへん。

松岡佑起は、日本一速く5キロを走る [陸上のイケメン]

陸上の“日本選手権”、正しくは「日本陸上競技選手権大会」が、
先日、香川県で行われました。
これは、11月に中国の広州で行われる、アジア競技大会の選考も兼ねています。

男子5000メートルで、大塚製薬の松岡佑起選手が優勝しました。
当アソシエーションでも以前に取り上げたことがありますが、
かつて箱根駅伝で、順天堂大学の主将を務めていたことのある選手です。

さいわいにもNHK総合で中継があり、リアルタイムで観戦することができました。
(メジャースポーツとは言い難い陸上競技、しかも中距離走には、ありがたいことです)


走ってる最中の松岡選手は、髪を短めに刈った、ちょっと長身の、眼光鋭い男。
むむ... こんなに、怖い顔の人だっけ?(-_-;)
序盤から2番手あたりにつけ、ラスト1周の手前では自分から仕掛けてトップに立つと、
最後はスプリント勝負を制して、みごと、日本選手権初優勝!!
うわぁーーー! エキサイティンッ!!

レースを終えて、小学生プレゼンターから花束を受け取る松岡選手は、
さっきまでの眼光鋭い男ではなく、
涼しげな目もとに端正な微笑みを浮かべた、超イケメンでした。

優勝インタビューにもこたえていました。
松岡選手がしゃべるところをちゃんと見たのって、リネンは初めてかも知れません。
あぁ... こんな声なんだ。
ちょっと高めの、優しい声をしていて、柔らかい関西なまりがあるんだ。
そうか、京都出身だものなぁ...


ぜひ、大塚製薬陸上競技部のホームページで、
松岡選手の誇らしき月桂冠姿をご覧あれ!

神様は みてるんよ [陸上のイケメン]

(実を言うと、箱根駅伝が終わってから1ヶ月近く経ってしまっているのですが、いっこ書きそびれていた記事があったのを思い出したので、後から追加しちゃいました)

箱根駅伝のハイライト・山登りの5区で、まさかの棄権となった、前回の優勝校・順天堂。
悲劇の主人公となってしまった、5区の走者・3年生の小野祐幸選手。
その小野選手に、OBとなった今井正人選手が、レース後にかけた言葉です。


神様は、みてるんよ。
おまえに、もう一度強くなれって、与えた試練だと思うよ。


山登りのスペシャリストと称され、みずからが「山の神」と呼ばれた選手の発した、このセリフ・・・
どれほど、カッコよかったことか!!
今井選手は、やっぱり、神なんかじゃなかった。
たいへんな努力を重ねに重ねた、人だったんだね!

来年は、小野選手が、順天堂大学の主将になるそうです。


第84回 箱根駅伝~イケメン主将3傑~ [陸上のイケメン]

駒沢大学 安西秀幸主将
主力選手名鑑の写真を見る限り、リネンのイケメンセンサーには、ひっかかっていませんでした。
恥ずかしながら、大手町での優勝インタビューを見て、
「なにっ?! 誰、このカワイイ選手は?!」と、初めて感知した次第。
原因は、名鑑の写真が、証明写真のような真顔で写っていたことです。
安西選手は、にこにこと笑っているとき、その魅力が最大に発揮されるのです。
インタビューで「快走でしたね!」と問いかけられ、「いや~、あははっ!」と照れ笑いする、チャーミングさ。
二日目の出走を控えた後輩に、前夜電話して、「あとは4年生が、なんとかしま~す!」と明るく声をかける優しさ。
今年、3年ぶりに総合優勝を果たした駒沢大学ですが、
きっと、すごく明るくて前向きな雰囲気で、今年のチームが出来上がっていたんだろうな・・・と、
安西主将を見ていると、思えてきます。

早稲田大学 駒野亮太主将
いい意味で気安い感じのする、駒沢の安西主将に比べると、少しピリッとしたリーダーかも知れません。
時には、後輩たちに厳しいことも言い、憎まれ役も買って出たということです。
早稲田を率いるのは、かつての英雄・渡辺康幸監督です。
おおらかでアバウト(笑)なところが持ち味の監督だそうですから、駒野主将のようなキャラクターがいてくれて、さぞかしバランスが取りやすかったろうと思います。
でも、駒野主将が一番カッコよかったのは、単純に「レースで結果を出した!!」ということです。
箱根駅伝名物、過酷な過酷な、山登りの5区。
4位か5位かというあたりでタスキを受け取ってから、駒沢・安西選手と併走しつつ爆走。
気が付けばズンズンとトップ差を詰め、先頭の山梨学院を追い抜き、最終的には駒沢大学にも1分以上の差をつけて、トップで芦ノ湖にゴールしたのです!
カッコいい逆転劇での往路優勝が、チーム全体のテンションをどれだけ盛り上げたか、想像に難くありません。
結果、駒沢大学には負けましたが、12年ぶりの総合2位ですから。
去年卒業した、順天堂大学の今井選手もそうでしたが、山登りの5区を踏破する選手には、
イケメンとか美男子とかいうのとは別の、「面構え」のカッコよさが備わるようですね。
走ってる最中の駒野主将、実に男前でした。

順天堂大学 松岡佑起主将
駅伝中継をご覧にならない方でも、昨年覇者・順天堂の悲劇は、スポーツニュース等でご存知かも知れません。
5区でまさかの途中棄権になった順天堂大学は、復路のレースに参加することはできますが、タイムは公式記録とは認められません。
それが関係したかどうかは不明ですが、松岡主将が出走予定だった7区は、1年生の選手にエントリー変更となりました。
髪を短く切ってちょっぴりイメチェンの松岡主将は、すっと通る鼻筋に涼しげな眼差しの、クールなイケメンです。
リネンが、一昨年からうざいくらいにプッシュしていた選手です。
春には卒業。最後の箱根駅伝で、主将として選手として、どんな走りをするんだろうと、すごく楽しみにしていました。
はっきり言って、リネン自身の母校より、応援してたかも知れません。
それだけに、(単なるファンの想像ではあるのですが)松岡主将の気持ちが思われて仕方ないのです。
主将として、エースとして1年間メンバーを率いてきたものの、チームは棄権し、自分自身もレースに出ないで、
力を残したままのほろ苦いシーズンで青春をしめくくるのは、どんな気持ちがするものでしょうか。
もちろん、そういう人は大勢います。よくある話ですらあります。
いくら強豪校でも、絶対などということはない。スポーツである以上、それは仕方のないことです。
だけど、ずっと応援していた選手の演じる、このようなドラマを目撃してしまったら・・・
いままで以上に、応援しまくるしかないじゃないっっっ!!!
(余談になりますが、同じ経緯で今でも応援しているのが、日清食品の徳本選手です)


ただ延々と走ってるだけのを観て、何が面白いの?・・・という気持ちは、正直言って分かります。
たしかに、どこがヤマ場なのか分かりづらい、地味な競技です。長いし。
しかしファンにとっては、不思議と「普通に終わる」ということがないのが、箱根駅伝です。
甲子園にも似て、学生の競技だというのも関係あると思います。毎年、必ず何かあるのです。
どーせ特番だらけの三が日です。呑みながらでも寝ながらでもいいから、何回か我慢して観てみて下さい。
すると、あ~ら不思議。ある日突然、テレビに食いついている自分を発見するのです。
リネンなんか、2008年が始まってまだ4日しか経っていないのに、いきなり来年の箱根が楽しみで楽しみで、たまらないんですから!


シード争いに散る [陸上のイケメン]

今年も箱根駅伝が終わりました。
芦ノ湖から大手町まで一度もトップを譲らず、それどころか、2位の視界にすら一度も捕らえられることなく完走したのではと思わせるほどの、順天堂大の圧勝でございましたね。

そのあまりの強さに、優勝争いはある意味たいして盛り上がることもなく(笑)、
むしろ10位争い、つまりシード権争いの方が白熱していたように思います。
毎年、シード争いに何となく運がないのが、新興勢力の城西大。
今年も、1分半の差で11位に終わったし、去年なんかたったの10秒差でシード落ちした学校なんですよ!
トータル11時間走って、1分半の... まして10秒の差で...
シビアな世界ですね~。

1分半ということは、だいたい500メートル先の先行走者を追って、
城西大のアンカー・福岡選手はかなりオーバーペースでした。
正直ムリっぽいにも関わらず、諦めないでがんばりました。
しかも、すらりとして端整な顔。3年生ということなので、来年はチームを牽引する最高学年としての活躍が期待されるわけです。

3年前に初めて予選を突破した、若いチームの努力と向上心に、
そしてアンカー福岡選手のイケメンぶりに、5000点!
縁もゆかりもない大学ですが、来年リネンは、城西を応援しちゃいます。


前の5件 | - 陸上のイケメン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。