So-net無料ブログ作成
イケメン・オン・ザ・ステージ ブログトップ
前の5件 | -

メンフィス見た [イケメン・オン・ザ・ステージ]

『メンフィス』を見に行ったらすごく楽しかったので、
主演の山本耕史くんが、いかにカッコ良かったをお話ししますね。
車椅子に乗った薄幸の少年?
新撰組の鬼の副長?
それもいいけど、歌って踊る山本耕史を見なくっちゃ!


『メンフィス』というミュージカルを一言で表すと、
「『ヘアスプレー』の、もっと大人っぽい版」でしょうか。
いまだ黒人差別バリバリなアメリカの街に、
音楽が風穴を開けてゆく・・・音楽が白と黒を繋いでゆく・・・
というストーリーですが、
高校生というハイテンションな生き物が主人公だった『ヘアスプレー』に対して、
『メンフィス』は実在のDJがモデルということで、
人生の機微的なスパイスが効いた仕上がりになっております。


主人公ヒューイ・カルフーンという人物を一言で表すと、
ズバリ「歩く放送事故」!(笑)
白人用ラジオで黒人音楽を流す、それを放送事故と呼んだ時代があったのか・・・という話なのですが、
たぶんそれを抜きにしても、この人歩く放送事故!

そのお調子者パワーで、人種の壁にガッコンガッコン蹴りを入れる姿は(しかも白人サイドから)、
まさに痛快の一言です。
そうだそうだ! 白人だけどブラックミュージック好きで何が悪い!
DJが良いと思った音楽を、ラジオに乗っけて何が悪い!

口がうまくて、飄々としていて、いつも自信満々。
学はないけど、夢があって、誰にも邪魔はさせないと熱っぽく語ってくれる。
こんなもん完全に殺しにきてんじゃんッッ!!ヒューイ・カルフーン!!


そんなヒューイを演じる山本耕史くんを一言で表すと、
・・・やっぱり、「ミュージカル俳優」ということになりましょうか。

テレビドラマとか、映画とか、声優とか、
俳優のお仕事には色々あって、どれが格上とか格下とかはないのだそうですが、
久々に耕史くんの歌を聞いて、リネンは思ってしまったのです。
この先、歌わない山本耕史では物足りなく感じてしまうかも知れない、と。

そこらのなんちゃってミュージシャンの歌ではもう満足できない、とも。

「渋くてダンディ」とはお世辞にも言えない、ちょっと子供っぽいような優男ヴォイスで、
それでいてエネルギーに溢れていて、
もうピッタリ! ヒューイの役にピッタリだよ!
後ろのほーの安い席からでも感じる、彼の存在感と言ったら!

それに、舞台に映える長い手足と、キレッキレのダンス。
情熱的で色気があって茶目っ気もあって、
あの身体能力を見たら、「もったいない」って思いますよ。
映像作品ばかり出て、バストアップでセリフ言ってるだけなんてもったいない、
やっぱ耕史くんはミュージカルで見なきゃ!って思いますよ!


うん、まあ見るけどね。
普通の映画でも舞台でも、耕史くんが出るなら見るけどさ。

個人的なことを言えば(個人的じゃないことなんて書いたことないけど)、
山本耕史くんはリネンより3つ年上でして、
「年取るの嫌だなあ」って気分のときも、耕史くんを見れば怖くなくなるといいますか、

リネンが27歳で耕史くんが30歳のときも、
リネンが32歳で耕史くんが35歳のときも、

「まあいっか、耕史くんだって△△歳やってるんだから悪くない」って。
年上のイケメン俳優ってんなら他にもいるハズなのに、何ででしょうね。
我が心のパイセン(先輩)。頼りにしてます、勝手に。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

『鉈切り丸』観た [イケメン・オン・ザ・ステージ]

悪は、美しい。

……とは、限らないけど、

たまに、美しいほどの悪がいる。


いわゆるダークヒーローに喝采を送るのは、
ビルを爆破解体する動画を鑑賞する気分に、ちょっと似ています。
中に自分や人がいるビルが倒壊したら困るけど、
解体工事としてのビル爆破は、緻密かつ豪快で、ほれぼれします。
それと同じで、自分の親類や知人に悪人がいたら超迷惑なんだけど、
フィクションのダークヒーローには、謎の爽快感を感じるのです。

まるでビル爆破のように、
ダイナミックで、ミもフタもなくて、いっそすがすがしい、
そんなダークヒーロー・鉈切り丸を、森田剛が演じました。


うむ!!


思っていたとおりだわ。
『平清盛』の時忠役を見たときに、思ったとおりだわ。
森田剛は、アクの強~~い役をやらせると、すごくおもしろい!

いのうえ版シェイクスピア『鉈切り丸』――
『リチャード三世』を日本の鎌倉時代に置き換えた、大胆な歴史フィクション。

演劇部出身のくせに『リチャード三世』を知らず、
入試で日本史選択だったくせに鎌倉幕府の興亡をよく知らない、
そんなリネンでも、予備知識なしで楽しめました(笑)

醜悪で卑怯で残虐非道な鉈切り丸が、自分の野心のために、
周囲の人々を、あれよあれよと不幸に陥れてゆくさまが描かれます。
初々しいカップルの初デートには、徹底的に不向きです。

森田くんって、こんなに“きれいなダミ声”(?)を出せるのかぁ、と驚きました。
物語が進むにつれて、だんだんクセになってくるような、鉈切り丸のダミ声。
アニメの敵キャラとかモンスターとか、やってみて欲しいような感じです。
舞台って、熱演しすぎるとセリフが聞き取りにくくなっちゃう役者さんもいるんだけど、
特にそんなこともなかったし。
「アイドルの声優挑戦☆」とか、漫画・アニメファンからは忌み嫌われるものですが、
もしあなたの好きなアニメに、森田剛が起用されたら、期待してOKです(役にもよるけど)。

体は小さい(と思う)のに、殺陣がキレッキレで華やかに見えるのは、
やはり伊達にジャニタレやってないな、と言うべきか。


繊細な心を押し隠して~、とか、実は母を救うために~、とか、
そんなアマっちょろいテンプレ美形悪役に飽き足らなくなった、
重篤な中二病患者の貴女に、是非!
あっ公演終わっちゃった…き、機会があったら是非!
あ、あとあと、森田くんが非イケメンな変な役をやってたら、
それはイケてる可能性があるので、是非!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

タカラジェンヌについて(3) [イケメン・オン・ザ・ステージ]

~ディズニーランドにも似て~

宝塚を見て「イケメンたって、女じゃん。どー見ても女じゃん」と言う人は、
「ミッキーって中に人が入ってんでしょ」って言う人と同じです。
入ってないし!

さて、宝塚歌劇には、和モノ・洋モノ、現代劇・時代劇など様々な演目がありますが、
「愛を!!!!」「夢は、かなう!!!!」という基本姿勢は、共通です。
これは、ディズニーランドと同じです。
いまどき、愛とか夢とか高らかに謳いあげてサマになるのは、
宝塚やディズニーのような、一分のスキもない虚構世界の住人だけです。
・・・言葉にすると、ひどく悲しい感じになっちゃってますが、
血の通った人間に言われたのでは、伝わらないこともあるんです。

想像してみてください。
阿部寛が、周囲に響き渡る大音声で「愛に、すべてを!」とよばわる姿を。
どうです。うさんくさいでしょう。
阿部寛ほどのイケメンでも、このありさまです。
ミッキーばりの笑顔で「僕は、みんなの幸せを願うよ!」とか言う政治家なんて、
嘘くさくて嘘くさくて聞いちゃいられません。


たいせつなことは、たいてい、恥ずかしいから。


フィクションに乗せて、音楽に乗せて、完璧に作りこまれた世界観に乗せて。
ミッキーに言われるなら、素直に聞ける。
宝塚のセリフでなら、素直に聞ける。
そーゆー伝え方、かなり有効だと思います。結局、照れ隠しなのか(笑)

イッツ・ア・スモールワールドに乗って、
「やっぱ戦争とかしてる場合じゃないよなー」って本気で思ったり。
宝塚歌劇で「もっと、愛とか夢とか言ったってイイんだよなー」って思ったり。
何カ月かに1度、そーゆーのがあったほうが、
心がオーバーホールされていいですよ。


愛とか夢の、なにが悪い!!!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

タカラジェンヌについて(2) [イケメン・オン・ザ・ステージ]

~アンジェリークをやってるときの気分~

“逆ときメモ”との呼び声高い、恋愛シミュレーションゲーム「アンジェリーク」。
主人公の女の子が、居並ぶイケメンどもとあれこれコミュニケーションを取り、
最終的にだれか一人にコクられてハッピーエンドになるわけですが、
「ときめきメモリアル」が(比較的)現実味のある学園モノであるのに対し、
「アンジェリーク」は完全なファンタジーモノであるという点が特徴です。
国を与えられ、あなたがこの国の女王になりますと言われ、
火の精だとか風の精だとか(こいつらが揃いも揃ってイケメンなのです)の力を借りて、国を治めるという・・・

現実感ゼロの、完全な虚構世界で繰り広げられる、華やかな愛の物語。

宝塚歌劇と、アンジェリークの共通点です。

じゃーアンタ、リアルでオスカー様に口説かれたいの? オスカー様がリアルに目の前に現れて欲しいの?
・・・とか言われると、ちょっと困るわけです。(あ、オスカー様派だったんです)
「リアルに」って言われても・・・そういうもんじゃないしなぁ、と。

宝塚の男役も同じようなものです。
「本気で異性として見てるの? 生身の男としてカッコいい!って思ってるの?」
いや、生身の男の魅力とか求めてないし。つうか実際、異性じゃないし。

3Dの男性がダメだから、代わりにゲームのイケメンに走る、というワケではないし、
本物の男性がダメだから、代わりに宝塚の男役に走る、というワケでもありません。
かといって、本気じゃないのかと言われると、そりゃもう・・・本気も本気です。
ステキっ! カッコいい! 萌え~~~~~!!
って、ちょう本気で思ってるわけです。
宝塚やアンジェリークにのめりこむ人は、少女趣味とか不思議ちゃんと思われがちだけど、
そういう意味では、夢と現実と区別がメチャクチャ明確なんだと思います。


リアリティは、今は、いらない。 虚構を楽しめ!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

タカラジェンヌについて(1) [イケメン・オン・ザ・ステージ]

突然ですが、

宝塚、キライじゃないです。 むしろ好き。

宝塚歌劇団。言わずと知れた、女性オンリーのミュージカル劇団です。
その作風は一貫して、絢爛豪華アーンド華美。
特に、「男役」と呼ばれる独特の存在は、世間にも知られるところであります。
女性が演じる男・・・不自然と言えば明らかに不自然なのに、
「イケメンだー!」と萌えてしまう彼ら(いや、彼女らだ)について、
あれこれ考察して参ります。

ゴタクを並べるまでもなく、一糸乱れぬ群舞やラインダンスは、
無条件で楽しいと思いますがね~。


~たとえて言うなら、フルーツトマト~

宝塚歌劇の男役たちは、男性の持つ美しさや優しさ、甘さだ・け・を!! 抽出したような存在です。
男から、“男臭さ”を完璧に、徹底的に、排除した存在です。
それって、男なの? と。 萌える余地あんの? と。

これをトマトに喩えますってぇと、
味の中に、土臭さというか青臭さがある、これが「本来のトマト」もしくは「昔のトマト」。
一般ウケするように品種改良して青臭さを取り去った、これが「近頃のトマト」。
トマト好きにしてみれば、「近頃のトマト」<「昔のトマト」なのは歴然。
甘いだけのトマトなんてトマトじゃない、
ちょっと青臭くて酸っぱいくらいが美味しいんだい! となります。

だがしかし、甘いのも突き抜けて「フルーツトマト」くらいまで行っちゃえば、
また、別モノとしての味わい方があるというもんです。
しまいにゃ、ショートケーキにも乗ります。

宝塚歌劇に登場する男性は、「近頃のトマト」をとうに通り越して、「フルーツトマト」の域に達しています。
甘さを追及して追及して、もともとのトマトとはもはや別の食材として、
存在価値を確立しているというワケです。


ちなみに、男役ばかり話題になりますが、
娘役さんたちの“抽出”っぷりも、かなりのものですよ!
おんなの湿り気や生臭さみたいなものは、完ッッッ璧にフィルタリングして、
美しさや可愛らしさ、愛くるしさだけを、全面に押し出して提供してくれます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の5件 | - イケメン・オン・ザ・ステージ ブログトップ