So-net無料ブログ作成
検索選択
銀盤のイケメン ブログトップ
前の5件 | -

仮想乙女ゲーム!!ソチ五輪男子シングル [銀盤のイケメン]

※この記事は妄想です。
 実際の選手の性格・思想・哲学などとは、一切関係がありません。


http://www.sochi2014.com/en/figure-skating-athletes?country=&competition=fs-men

パトリック・チャン(カナダ):正統派王子
 ハンサムで、優しくて、このままディズニー映画に出られる。

ミハル・ブレジナ(チェコ):正統派王子2暗黒王子
 金髪碧眼。しかも上品。
 …と思ったけど、SP見たら茶色の髪になってたし、曲が山の魔王だったから、
 この際、思い切ってこの人に邪悪枠を任せてみたらどうかと思う。

エフゲニー・プルシェンコ(ロシア):オレ様系
 オマエはオレ一人だけを見ていればいいのだよ! みたいな。

髙橋大輔(日本):ギャップ萌え
 陸上の天然ボケっぷりと、氷上のイケメンぶりの温度差を楽しもう。

ブライアン・ジュベール(フランス):寡黙キャラ
 ストイックで寡黙でちょっぴり無愛想。上級者向け。

フローラン・アモディオ(フランス):やんちゃ系
 バイクの免許持ってて「落ちんなよ!」とか言って後ろに乗っけてくれる、的な。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン):年下の男のコ(弟ポジション)
 笑顔がマブシイ。にぱぁっ、て笑う。エフェクト付きで。

羽生結弦(日本):年下の男のコ(妹ポジション)
 プーさん大好き。

町田樹(日本):熱血コーチ
 何のコーチだか知らんが。セリフまわしがアツイ、アツすぎる。

ミーシャ・ジー(ウズベキスタン):癒し系
 小動物系男子。

ジェレミー・アボット(アメリカ):一途系
 せつないせつない片思い、をしてそうな男。

ペーター・リーバース(ドイツ):大人枠
 がっつかない、落ち着きのある、頼りがいのある、大人の男性キャラ。

デニス・テン(カザフスタン):富豪枠
 異国の大富豪の跡取り息子(という設定)。
 思慮深くて、お金にとらわれない真実の愛を探している(という設定)。



さあ、あなた色のメダルは、誰の手に?(←キャッチコピー)
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結弦と大輔(後編) [銀盤のイケメン]

トリノ五輪あたりで“ガラスハート”呼ばわりされていたのも、今では昔話。
思いのほか(?!)たくましく成長した髙橋大輔は、
国内の第一人者として、後輩から追われる立場になりました。
羽生結弦が言うには「ぼくにとってはまだ、“いつもテレビで見ていたお兄さん”」。

しかし! 大輔さんのほうでは、そうは思っていないようで。
9歳年下の結弦のことも、対等なライバルであり脅威である、とみなしているようです。


うん!!
いいよ、そのギラギラした感じ!
大輔さんクラスになると、そういうギラギラがいっそセクシーなんだよ(笑)!


日本の男子シングル史において、髙橋大輔の功績は計り知れません。
世界選手権やオリンピックのメダルという実績をもたらし、
結弦やコヅカ君たち後輩の成長を促し、
何より“カッコいいフィギュア選手にキャーキャー言う喜び”を、
より多くの日本人女性に叩きこみました(これ重要。すごく難しいこと)。

髙橋大輔のスケートは、今、まさしく円熟期の真っただ中にあります。
終わらぬ円熟期… 沈まぬ太陽…
いつまでも大輔さんに第一人者でいて欲しいような、それじゃ困るような。

一年後にはオリンピックです。
彼の競技スケート人生が、そのあたりで完結するのか、
「もうちっとだけ続くんじゃ」になるかは分からないけど、
最大級の見せ場になることは間違いないと思います。
ドラゴンボールにたとえると、いよいよフリーザ編というところか?
ここを見逃しては、画竜点睛を欠くにもホドがあるというものです。

決まれ4回転! キレろ色男ステップ! 大輔さんがんばって!!


それはそうと、競技に出るときの大輔さんは、
出番が来るまで裏にいて、イヤホンして音楽をかけて、
他の選手の出来栄えが、ゼッタイ耳に入らないようにしているみたいです。
いわく「緊張しちゃうから」。

日本人離れしたラテンキャラは、氷の上でのお話。
やっぱりハートは、今もガラスのままなのかも知れない(笑)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結弦と大輔(中編) [銀盤のイケメン]

「羽生結弦って、ベガッ太さんにセクハラされてたフィギュアの男の子」
…と言えば、一部のサッカーファンには通じるとか通じないとか。


さて、我々日本人は“がんばる子ども”がやたら好きです。
プロ野球より甲子園が人気だったり、
普通の陸上競技より箱根駅伝メジャーだったり、
少年少女が努力する姿にめっぽう弱い。
やはり日本はお百姓さんの国。
何かが「育つ」のを見るのが、本能的に嬉しいのかも知れません。

羽生結弦は、まさに今、育っている真っ最中の選手です。

鮮烈なシニアデビューから2年。
今年はカナダ伯楽オーサーコーチに教えを請い、
SPでの世界最高得点を叩き出して、NHK杯で優勝するまでに至りました。

ドラゴンボールにたとえると、
最初の冒険を終えて、亀仙人のもとで修行を積み、初出場の天下一武道会で大健闘!!
…でも、まだまだ世の中には上がいるんだなぁ、というあたりに相当します。


優勝を意識しすぎると自滅してしまう未熟なメンタルも、
冒頭からノリノリすぎると途中で尽きてしまう未熟なスタミナも、
かえって萌え要素にしてしまう、“若さ”!

オバハン臭いこた言いたくないけど、
多くの女性ファンが、まるで母のよーな気もちで、羽生結弦を見守っています。
会場を埋め尽くす、5,000人もの母の大群(笑)!!

少年はあっと言う間に青年になります。
ドラゴンボールもすぐにパワーインフレが訪れます。
育つのを見るのが好きな民族にとっては、一瞬たりとも見逃せない、今の結弦。
今年の結弦は、今年のうちしか見られない。来年の結弦は、再来年にはもう見られない。
いわゆる「17歳! まさに今が旬ッ!!」


髙橋大輔までが、
「(結弦に向かって)17歳でしょ? …ヤバイよねぇ(笑)」
と言いだす始末です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

結弦と大輔(前編) [銀盤のイケメン]

夜行バスに乗って早朝5時に仙台に着いて、
塩釜の魚市場でマグロみっちりの海鮮丼を朝食にして、
海苔100枚と煮干し1kg買って、
鹽竈神社で初穂曳に出くわして、
仙台駅に戻ってずんだ茶寮に入って…

え? 何をしに行ったのかって?

フィギュアのNHK杯を見に行ったに、決まってるじゃないですか!!

デイヴィス&ホワイト! 長洲未来! エレーネ・ゲデヴァニシヴィリ!
ハビエル・フェルナンデス! 真央ちゃんにあっこちゃん!
ああ… 髙橋大輔!!
すごいすごい、本物のオリンピアンよ! 本物のメダリストよ!
この人たちに比べたら、ホークスの選手なんて見飽きてるッ(暴言)!!


生観戦はテレビと違って、顔の細かい表情までは全然見えません。
当たり前だけど、ひたすら「全身」を見るようになるわけです。
顔の表情ではなく、体全体の表情が、フィギュアで言う「表情」なのです。

今回リネンが観戦したのは、初日のショートプログラムでしたが、
遠目に見ただけでも、いや、遠目に見るからこそ、
羽生結弦の全身からは、若さが顕れておりました。

それに比べて、髙橋大輔の老練ぶりときたら(笑)

宮城開催の大会で、地元出身であり被災者の一人でもある少年が優勝。
3度目のオリンピックを狙う、絶大な人気の国内エースが2位。
ファン的にもテレビ的にも、最良の結果が出たのではないでしょうか。


でも、なんだろう。
この二人が並んでるのを見ると、なぜか、
『俺たちフィギュアスケーター』という映画名が頭をよぎるんだよね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

パトリックのバカ! 93点って!! [銀盤のイケメン]

世界フィギュア東京大会は、地震のために中止になりましたが、
代わりにモスクワで開会を迎えました。
男子シングルSPが終わったところで、
首位はカナダのパトリック・チャン。


93点って!!!


ちなみに2位につけた我らが信成が81.81点。以下大混戦。


93点って!!!!!


リネンの願望 I.S.S.A.独自の見解としては、
ソチ五輪では小塚くんが金メダルを獲る予定なのですが、
そこで最大のライバルとなりそうなのが、このパトリック・チャンなのです。
小塚くんと互角のスケーティング技術を持っています。
でも、これまでパトリックは4回転を跳んだことはありませんでした。
「4回転を身につけない限り、小塚くんの敵じゃないねー」と、リネンは思っていたのです。

そんなおり、最近ルールが変わって、
4回転ジャンプのリスクが減り、得点が出やすくなりました。

すると!
するとこのパトリック・チャンは、
「そんなら跳ぶよ♪」とばかりに、いとも簡単に、
プログラムに4回転を加えてきたのです!(しかも高精度!)

彼は、4回転が跳べなかったんじゃない。
戦略的に、跳ばなかっただけだったのです。


パトリック、恐ろしい子!!


スケートは正確で、
4回転ジャンプの成功率も高くて、
なにより、演技に品がある。
アジア系の顔立ちをしたイケメンで、
西洋人の明るさを持っている。

極上の敵キャラの登場ですよ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | - 銀盤のイケメン ブログトップ