So-net無料ブログ作成

『水の国』のナランバヤルさんマジ痛快! [漫画・アニメのイケメン]

ネットしてると、画面の隅っこに広告が出てることがありますが、
一時期『金の国 水の国』というマンガの広告が、やたらリネンの目に触れていたことがありました。
遅ればせながら読んでみたら、主人公の青年がめちゃめちゃ快男児だったのであります!

mizunokuni

まず、イケメンどうこう以前に、
そもそもこのマンガ自体、読後感が超癒されます。

むかしむかしあるところに、仲の悪い2つの国がありまして、
くだらないことで戦争を起こすので、神様が仲裁に入って言いました。
A国は、国でいちばん美しい娘を、B国に嫁にやりなさい。
B国は、国でいちばん賢い若者を、A国に婿にやりなさい。

ここでなんとゆーか手違いみたいなものが起こりまして、
しかし、それがために、2人の主人公が出会うことになります。
一見パッとしないけど勇敢で善良な若者と、
一見パッとしないけど心優しい善良な娘が、
運命だか偶然だかで出会い、冒険を経て、絆を結び、
大団円で幕を下ろす。

ああ、癒される・・・!!
エキゾチックな世界観!
曇りのないボーイ・ミーツ・ガール!
なんなのコイツら、可愛いわ!可愛いわコイツら!!
(B国の族長っぽい口調で)


さてでは本題。
主人公、B国の若者・ナランバヤルさんの、
どこがカッコイイかという話なのですが・・・

そうねぇ・・・(長考)

いやまぁ、単純に見た目もカッコイイ(はずだ)と思うんですよね。
ネット広告が目にとまったくらいだし。
背が高くて、大きな優しい手をしていて、
頬骨から顎にかけての輪郭が整っていて・・・

ただ、コマによってイケメン度合いが安定してないみたいな傾向があって、
ここがこうカッコイイ!って、説明しづらいんですよね、彼。
インテリっぽく見えるときもあれば、
野暮ったそうに見えるときもあるし・・・
感情表現がちょいちょい昭和のギャグマンガテイストなのも、
スパッと二枚目判定が出づらい要因かと。


やっぱり、頼りがいのあるとこがカッコイイのかなぁ。


お金もないし、戦闘力も低いし、
大した後ろ盾もないんだけど、
頭の回転が早くて、
権力者相手でも物おじしなくって、
大人っぽくもあり、若造っぽくもあり、
情熱とハッタリを武器にして、権謀術数うずまく世界を一点突破する、
「なんか分かんないけどきっと何とかしてくれる」と思わせる、
頼りないんだけど頼りがいのある人。


あ!!

そうか!!

『逆転裁判』の成歩堂くんに似てるんだ!
そりゃあ、痛快なはずだよ!



あと、ライララがゆるキャラ的に可愛い。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。